データ収集に関する解析情報


データ収集とは?

戦闘終了時、敵にメカ種族のキャラが存在していた場合、味方のメカ種族キャラはその敵メカに対し「データ収集」を行うことができます。

データ収集を行った味方メカには、以下の三つの効果のいずれかが発生します。

プログラム吸収
敵の所持しているプログラム(技術)を一定確率で吸収し修得する
表示メッセージは「プログラム○○を手に入れた」
プログラム開発
そのメカ固有のプログラム(技術)を一定確率で開発し修得する
表示メッセージは「プログラム○○を手に入れた」
エネルギー充填
そのメカのWPが全回復する
表示メッセージは「エネルギー充填完了」

なお、データ収集は一体の敵メカに対して一体の味方メカしか行えません。敵メカの取り合いになるのを避けるなら、パーティ構成に注意する必要があります。

プログラム開発により『剣闘マスタリー』を修得した例


プログラム吸収

敵のメカには吸収用のプログラム(技術)が最大で4つ設定されています。 この4つプログラムには優先順位が存在し、プログラム吸収ではその優先順位に応じて吸収できるかどうかの確率判定を順番に行い、一番最初に判定に成功したプログラムを吸収=修得することになります。 そして、プログラム吸収でプログラムを吸収できなかった場合は、プログラム開発が実行されることになります。
関連ページ:「敵キャラクター一覧

プログラム吸収の確率

プログラム吸収でプログラムを吸収する確率は、先程説明した優先順位によって異なります。具体的には優先度の高い方から1/32、1/16、1/4、1/1の確率で吸収判定に成功します。 なお、厳密な条件式は以下のようになります。

優先度Aのプログラムの吸収条件式

ノーマル乱数(mod 32) = 0

優先度Bのプログラムの吸収条件式

ノーマル乱数(mod 16) = 0

優先度Cのプログラムの吸収条件式

ノーマル乱数(mod 4) = 0

優先度Dのプログラムの吸収条件式

必ず成功


プログラム開発

プログラム開発はプログラム吸収に失敗したときに行われます。 どんなプログラム(技術)を開発できるのかは、収集する側のメカの「ボディタイプ」によって異なります。 また、ボディタイプには各プログラムの「開発難易度」というものが設定されており、これがプログラムの開発確率を左右します。
関連ページ:「プログラムの開発難易度

プログラム開発では、そのボディで開発可能な全てのプログラムのに対し確率判定を行い(順番はの上から順)、その中で一番最初に判定に成功したプログラムを開発=修得することになります。 そして、プログラム開発でプログラムを開発できなかった場合は、エネルギー充填が実行されることになります。

ボディタイプ

ボディタイプというのは味方メカ専用のパラメータです。 ボディタイプはタイプ1から8まで存在しますが、基本的には各メカごとにボディタイプは固定です。 唯一の例外がT260G編におけるT260で、彼だけはボディタイプを任意で変更することが可能であり様々なプログラムを開発可能です。

プログラムの開発確率

プログラムの開発は以下の条件式を満たすときに成功します。

条件式

境界値 > テーブル乱数A

テーブル乱数A
最小値0、最大値255のランダムな整数値です。ただし、これによって得られる数値には偏りが存在します。
関連ページ:「乱数
境界値
「開発難易度」からデータ収集対象としてる敵キャラの「閃きレベル」を引いた数値を基準値とし、それを以下の表に照らし合わせて求めます。 例えば、開発難易度35、収集対象の閃きレベル32だった場合、基準値は35-32=3なので境界値は10になります。
また、乱数に偏りが存在しなければ閃き判定に成功する確率は"境界値/256"となるのですが、前述の通りテーブル乱数Aで得られる乱数には偏りが存在します。 この偏りを考慮した上での実際の開発確率が、境界値の右にある数値となります。

基準値境界値実際の開発確率
-10以下4088/520
-93986/520
-83986/520
-73782/520
-63680/520
-53476/520
-43170/520
-32966/520
-22660/520
-12354/520
03068/520
11640/520
21334/520
31028/520
4824/520
5518/520
6314/520
7212/520
8110/520
9110/520
10以上00/520

エネルギー充填

プログラム吸収とプログラム開発が共に失敗したときに行われるエネルギー充填は、メカのWPを全回復してくれます。 これにより、敵にメカが出現するマップであれば、メカは技術を使い放題となります。 逆に敵にメカが出現しないマップでは、元々の最大WPの少なさも合ってエネルギー管理に苦労させられます。



ホーム-更新履歴-リンク
inserted by FC2 system